FC2ブログ

seven hat i …hand made life!

帽子を中心に手作り雑貨を作るsevenhatiのかえる堂から始まるモノ作り。 生活、想い、手作りの品達に自分らしいスタイルを。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Workaholic.


4月は新年度ということで、
今年は私も仕事を新しくするため日々奔走しております。

このご時世&震災の影響で、なかなか思う様に進みませんが、
焦らず自分らしくどう取り組んでゆけるのかを
じっくり考え、行動したいなと切実に感じるこの頃です。


どうやってでも人は生きていけるのだから。
いろんな時期や境遇があるけれど、
その時々も、自分にとっては一瞬一瞬が掛け替えのない
人生の時間なのですよね。

ピントや方向性がずれない様に、
自分の羅針盤をしっかり安定させて、道を進んでゆきたいです。



とはいえ過労がピークに達しており、
心の方は後回しで、目の前にある仕事にしゃにむになっていました。


気持ちだけでは、だめだなあと痛感しました。


では、何が必要なのかな?


生活だけではなく、仕事、自分の思い、健康面、
大切な事。守りたいもの。。。


全てに納得なんて到底出来ませんが、
それでも全て自分にとっては大切な事ばかり。
どれか一つに特化して、他のバランスを崩してしまうと
いう生き方を今まで何度もしてしまっています。

全てに均等に、肩に力を入れすぎず、
上手くバランスを取って上に上げて行く。

そういう動きを、これからは取って行きたいと切に願います。




最近方々に仕事の関係で走り回っていました。

先々で、少し心に触れる景色があると撮影しておきました。


大阪城

まだ桜が3部咲きくらいの頃、先輩にモデルのお仕事を頂いて、
市内に一日出掛けていました。
ちょうど心理学の皆さんがお花見を企画して下さっていたので、
寒い日でしたがお弁当等を持ち寄って皆さんで大阪城公園で
お花見をしました。

私はお顔だし程度しか参加出来なかったのですが、
なんとかぎっくり腰と体調が合ってよかったです。

お花見ごはん



さくら公園


近所に仕事に出ていた時に、
朝出勤前に通ったさくら公園です。
日曜日で皆さんお花見で楽しそうでした。

公園の猫さんには過労続きであまり会いに行けていません。
はやく落ち着いてまた毎晩会いに行きたいです。

お花見シーズンなので夜も人が多いし、
寂しくないかな?とは思っていますが、やはり会わないと
私がさみしいです。


寝屋川さくら1



こちらも仕事の下見で行った寝屋川市駅前の桜並木です。
赤い桜?とのコントラストがキレイです。
ここも沢山お花見されていました。



寝屋川さくr2


川辺の桜はきれいですね。
道も歩道と自転車専用で、なんだかのんびりした一角でした。


寝屋川さくら4


ゆっくり過ごす機会はなかった京阪沿線でしたが、
行動範囲というのも無理の無い所を考えないといけませんね。
新しい生活の場所がどこに行き着くかはまだわかりませんが、
いつかご縁があってまたお世話になる土地がきっとあるんでしょうね。


寝屋川さくら5




寝屋川新橋


通勤に使っていた寝屋川新橋の寝屋川側から神戸方面に落ちて行く夕日です。
高架下には黒猫の家族が4人ほどいて、
夕方猫おばさんと遊んでいました。

黒猫さんを観ると、はやくお家に帰りたくなり、
疲れた足も、もう一踏ん張り進みましたが、
やはり結構応えました。
これからは自転車通勤は30分以内で納めるようにします。
もう歳ですからね…。

腰もまた結局ぶり返してしまいました。
安静にも中々出来ませんし、日にち薬ですね。
ゆっくり鍛えなければ…。


香里園さくら



香里園駅から25分程毎日片道歩いていましたが、
これももう終わりです。
やはり無理がありますね。
通勤でへとへとでは、仕事になりません。


腰などが落ち着くまでは近場で考えないといけませんね。



歳を取りました…。





なんだか湿っぽい結びに成りましたが、
とにもかくにも今週末は体と心をリセットして、
また来週から頑張ります。




明日は帽子の先生の個展の最終日なので、
幼なじみの友達と京都に行く予定です。

1か月振りの京都で、
色々しんどくて帽子を作る気になれず、
帽子教室もお休みしていたのですが、
今月末からまた復活できたら頑張りたいです。


ほんとに、人間体が資本ですね。



皆様も、どうぞ健康で…。



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。