FC2ブログ

seven hat i …hand made life!

帽子を中心に手作り雑貨を作るsevenhatiのかえる堂から始まるモノ作り。 生活、想い、手作りの品達に自分らしいスタイルを。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Like a music.

401128_275328339196577_100001582404632_830127_513339577_n.jpg


Have a life like wonderful music.

嫁ぎ先のお姉ちゃんから誕生日プレゼントで頂いたハンカチの一つに書いてあった、
「素敵な音楽のような人生を過ごしてね」というメッセージです。

... 十年位前に、こんな事を考えていた事があります。

当時、音楽のような人になりたいなあと友達に話を聞いてもらった事があります。

今もそういう思いは代わりませんが、いい意味でこだわりは無くなって、自由に多角的に考えられるようになった気もします。

そんな私ですが、先日も「言葉」のトリックについて少し考えました。

音楽と言葉の違い、というと論点がおかしいかもしれませんが、
必要としない人にとっては時に雑音でしか悲しいかなない場合があることは両者とも共通する気がします。

よかれあしかれ、という言葉もあります。
自分がよいと思って発信しているメッセージが必ずしも人にとって心地よいものでないケースも考慮して、思慮して発する事は、
人生の永遠のテーマですよね。

全世界の人が聴いて心地いい音があるか、というと
言葉と同様に文化の違い、コンディション、経験の相違もあります。

ただ、音を音波として考えた時、
触覚のある統べての人はその波動を感じますよね。
早い波動が好きなかたもありますが遅い波動がよい方もある。

私はリズムに体を委ねるのが好きなのですが、

話し方にも共通する部分がある気もします。

沢山知識や見識、経験を会得したら、
表現手段の約7%しかしめていない言葉をある程度克服出来る「個性」に辿り着けたらよいなあと思います。

残り93%はノンバーバルの域なので、千差万別。
面と向かってコミュニケーションを出来るチャンスがあるなら、その機会にトライする気持ちがあるなら、何とかやれるかもしれませんね。


そんなこんなで、「言葉」でつまずいた時は、最近はそのバックヤードにも意識を飛ばすように視野を広げられました。

そうすると、意外と納得出来たりすることがあって。

「受け皿」が増えたのかな、とも思います。

お皿、これからも増やせたらな。
そういえば音楽ではお皿はレコードをさしますね。

素敵な音楽のレコードを、残りの人生で少しずつ増やして行きたいですね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。