FC2ブログ

seven hat i …hand made life!

帽子を中心に手作り雑貨を作るsevenhatiのかえる堂から始まるモノ作り。 生活、想い、手作りの品達に自分らしいスタイルを。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

violet dress hat.

5月の連休をはさんで随分間が空いてしまいました。

連休は仕事が落ち着いており、丸々一週間お休み。

近所におでかけもしましたが、
基本家で大掃除と段斜里をしていました。

お陰さまで随分うちの中は片付いてきたのですが、
ベランダの大掃除をした日に腰を痛めてしまい、
そのまま連休明け仕事に出たらなかなか直らなくて、
5月中旬は腰痛で大変でした。
なかなかこの歳になると治すのも時間がかかります。

そんなこんなで帽子教室も一回お休みさせていただいたので、
かかっていた紫の帽子がようやく先週完成しました。

対で作っているもう1つが出来てからバランスをみて、
ベールも付けてみようと思っています。

とりあえず完成した帽子の出来るまでを少しご紹介。







フランス芯という糊つきのメッシュの芯を型抜きした土台に、生地を縫い付けます。

型が不規則な曲線なのでなるべくシワ、タックがない状態で縫い付けないと
きれいに見えないのですが、これが難しくて、
先生にほとんど裏処理のピンうちお願いしました。
縫うのは自分でやりましたよ。

そのあと、ぐるりがすこし立ち上がった型なので、タックを隠すためにサイドに共布を巻きました。

この時点ではなんだかターバンみたいに見えて、
一様少し上品目の仕上がりで考えていたのでどうなるかな?大丈夫かな?とドキドキしていました。







サイドに巻いた布に、ドットチュールを上からふわっと巻きました。

これも先生に相談しながら巻き方を教えて頂きつつ。

可愛らしい色んな色のドットチュールなのですが、
柄の色の配置でも少しですが印象が変わるので、
小さいこだわりですが思案しながら付けてみました。
縫い目が目立たないように少しダーク色のついた透明の糸で縫い付けました。
玉留めを作るのも一苦労でしたが、初めての作業なんとか終了。

チュールをつけたら一気に表情がつきました。




最後はリボンです。

リボンでこの帽子の表情が決まるので、
大きさ、太さ、形を考えました。

大人っぽくと思うのですが、細くすると地味だし、
かといってリボンだから大きすぎると可愛くなりすぎるしな、、、

と言う感じで、結構難しい。


帽子に生地を当てて色々思案した結果、
だましリボンで下の部分も作ることにしました。

結構おおきなリボンです。
意外と最初のイメージから変わりましたが、
紫なのでそこまで甘くないしで。

ドレスハットですしね。
多少はボリュームもないと、です。








リボンをつけて、完成しました。
やはりチュールが立体的で面白いです。
素材はこうやって使うんだなあと実感。
勉強になりました。

初めての工程が多かったですが、
非現実的だし、元々派手好きなので作っていても楽しかったです。

もりもりデコレーションしてもうるさいし、
バランスもセンスも、またいつものスタンダードな帽子とは違います。

ベールを付けるとまた印象に深みが出そうで楽しみです。

作品展でも、生きるだろうなあと思います。
思いきってトライして良かったです。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。