seven hat i …hand made life!

帽子を中心に手作り雑貨を作るsevenhatiのかえる堂から始まるモノ作り。 生活、想い、手作りの品達に自分らしいスタイルを。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blizzard has come.

今日は今月二回目の帽子教室でした。

今週は、先日の門戸厄さんお参りでバテてしまったのか、
火曜日くらいに喉かぜを引いてしまい、
早めのパブロンで何とかかんとか乗り切りました。

職場でもそうでしたが風邪が流行っていますね。
気を付けないと…。
うがい手洗いマスクですかね。

さて、そんなこんなで何とか無事に帽子教室に。

今週は冬物最後になるかと思いますが、
フェルト帽体を型入れしてきました。



ダークグレーのフェルト帽体です。

全体に水を含ませた布でトントンと叩いて水分を含ませてから、
ラップで包んでレンジで2分ほどチンをします。

チンが済んだらこんな感じで鍋にかけて蒸気で蒸らします。



充分蒸らして柔らかくしたら、型にはめ込んでロープで固定します。
ブリムの部分は伸ばして裏側にピンでとめておきます。

このまま自然乾燥させます。
次回まで型にはめたまま教室で保管して貰います。

春先や秋口も被れる感じにしたいなあと思い、
リボンを明るくしようかなあと思案中です。
次回また先生と相談しようかなあと思います。
下調べで教室にある帽子の本からこんなカットを見つけて
参考にしようかなあと考えてます。

こんな感じでリボンにビーズをつけたらどうかなあと思い。



最近ノーマルな仕上がりだと飽きたらなくなってきていますね。
試行錯誤して自分らしさが出せて、
被って出掛けたくなるような帽子を作りたいなあと思います。

身に付けて出掛けたくなる、って大事ですよね。

で、型にはめ込んでしまうと帽体は後は手が空いてしまう訳です。

ということで残りの時間は、
帽子教室で一番最初に作ったベレー帽をリメイクしようと思い持ってきていました。



カシミアの端切れで作ったものです。
シンプルなデザインでとりあえず縫った、いう感じです。

縫い方も初めてで解らず、
サイズリボンも初めて縫ったので
ミシンでばーっと縫い付けていて、
被ると外に黒いリボンが見えてしまい、
作った後、一回か二回しか被っていませんでした。

一度ほどいてもう一度手縫いで縫い付けました。
やはり手縫いのほうが折れるところの
カーブが綺麗になり黒い色も出なくなりました。

さらにシンプル過ぎるので、
何か飾りを付けたいのですが、と先生に相談したら、
毛糸の余りがあるからこれを飾ってみては?
と沢山出して貰いました。

その中にあったグレーのウールとと細かいヒョウ柄みたいな
リボンがついている毛糸を頂くことにしました。

茶系にも黒系にも合わせられるかな?と思い。

間隔を狭めるために鍵ばりで編んでいます。



周囲に巻こうと思いましたが、少し短かった…。



先生にアレンジをお願いして
ワンポイント風にして位置を決めて貰いました。

縫い付けたらこんな感じになりました。
ボリュームもアップして、なかなかお洒落な帽子になりました。







実はベレーは苦手で、それで被っていなかったところもあります。
お洒落になって、被る頻度をあげられそうですね。

思えば昔、多分初めて自分で購入したキャップ以外の帽子は、
高校の時フリマで購入した古着のベージュのベレーでした。
帽子教室で初めて作った帽子が
ベージュのベレーだというのも、不思議な偶然。



今回のリメイクで、針刺しの美しさや手さばきにも
これから気を付けて行きたいなと思いました。
綺麗に刺すコツみたいなのが、すこし解った気がします。


帰り、京都が吹雪いていて、さすが京都だなあと思いました。



あまり雪が写っていませんが、バスがなかなか来なくて寒かったです…。

大阪に帰って帰路を自転車で行くと、
あらあらあっとゆう間に吹雪になりました。



寒波ですねぇ。

雪が降ると、もう仕方ないなと諦めがついて、
なんだか腹が座るので不思議です。

穏やかに週末を過ごしたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。