FC2ブログ

seven hat i …hand made life!

帽子を中心に手作り雑貨を作るsevenhatiのかえる堂から始まるモノ作り。 生活、想い、手作りの品達に自分らしいスタイルを。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

two years later.

東日本大震災から明日で2年になりますね。

昨日今日は震災関連の特別番組がテレビでも沢山です。

みなさんはどうでしょうか?

もう2年。

まだ2年。

どちらがしっくり来ますか。

時間の流れを感じるのは、人それぞれ
感覚が違います。

テレビで被災されたかた達の今を拝見していると、
厳しさの中、それでも生きていく術を懸命に模索されている姿と対照的に
時間が止まったかのように見える広大な被災した土地の変わらない姿は
長い時間との戦いを予感させ、一言ではとても言い表せない
様々な思いがよぎります。

風化させない、という言葉は阪神大震災でもよく使われていました。

一区切り、一区切りを何年かのスパンにつけて考えていくものなのかもしれませんが、
阪神の被災したかたの最近の暮らしぶりを拝見すると、
震災という出来事は、10年経っても、この先も景色が変わっても
人々の心の中に生き続けるのだろうなと感じます。

私は短大1年の後期試験の最中に阪神大震災を経験しました。

明け方、自宅団地の12階建ての6階で寝ている時、
下から突き上げる今まで体験したことのない縦揺れで目が覚め、
その後大きな横揺れに揺らされ部屋の中のものの激しい揺れ音と振動がおさまるまで、
必死で布団を被って、生まれて初めて死ぬかも知れないと思いました。

試験が終わり、試験後に、震災から一週間後の西宮にガールスカウトからボランティアに出掛け、
市役所の地下で無我夢中で救援物資を搬送する自衛隊のお手伝いをして、
帰宅後目の当たりにした崩壊した景色や、現実をうまく処理できず泣いてしまった思い出があります。

その後3月位まで自衛隊のお手伝いで、仮設温泉の運営補助に何度か訪問しました。

何か出来れば…と思いお手伝いしていましたが、
実際触れる被災したかたの表情は暗くて、
簡単なことではないなと改めて痛感した記憶があります。

出来ることがあれば、取り組むことでしか、
人は前に進めない。
と若年ながらその時どうしようもないことが世の中にはある事を経験したのと同時に学びました。
まもなく阪神大震災からは20年経つのですよね。

人生の中で何度も大震災に遭遇するとは考えてなかったので、
これは人ごとでは全くなく、自分にもいつ起きるかわからないことだ、と
考えを改めて現実と向き合わないとと感じています。


先日、池上彰さんの特番がありました。
平日で仕事明けに難しい番組は見ると疲れるので、
少しみただけでチャンネルを変えてしまいましたが、
先週実家に寄ったら父が録画してくれていて、大事なとこだけを「見ておいたほうがいい」と
ハイライトで見せてくれました。

マンションの揺れかたなど詳しく説明がありました。
うちのマンションと全く同じ構造のマンションの揺れかたのシュミレーションや、
家具の配置、耐震グッズの設置方法などが紹介されており大変為になりました。

していても大きなのが来たらひとたまりもないから、と楽観的なかたも居ますが、
私はやはり大切な家族もいますし、大事な家の中のものが少しでも被害を免れてくれるなら、と思うので
今回、東日本大震災から2年という節目を機にさせて貰って少しですが震災に備えておこうと思いました。



家具を移動させたり将来的にするかもしれないから、
打ち付け工具よりこちらがよいかなと前から検討していたこれを購入しました。

コーナンで2本セットで1100円でした。
こちらは50センチ以上のタイプで、水屋用と主人の寝室用に二箱買いましたが、
水屋は50センチ以内だったため昨日買い出ししました。
使えなかった分は冷蔵庫に使いました。
冷蔵庫もコマがついているので動くんだそうです。

こちらは設置する天井の内側に桟がある所に固定しないと、
簡単に振動で割れてしまい効果がないそうです。
うちは天井がコンクリートだったので大丈夫でしたが注意が必要ですね。
叩いたら音でわかります。調べて設置したいですね。

家具を置く向きも、建物のゆれる方向を考慮したほうがよいそうです。
ゆれる向きに沿ってないと倒れやすいなど。
詳しくはネットなどをご参考下さい。

うちは向きを逆らっていたのは水屋だけでした。



こちらは100均で購入しました。
赤ちゃんのいたずら防止鍵は水屋などの観音扉用にと買いましたが
写真のは引き出し用だったので後でベルトつきのものを買い足ししました。
観音タイプでない扉が何個かあり、今どのタイプにするか考え中です。
食器などが飛び出して割れないように…。

青い耐震ジェルは大小色々ありカットもできます。
コーナンにもありましたが100円で買えるならこしたことないしなと思い。
重ねてつけたりもできますしね。
うちはテレビとオーディオ、ファックスに付けました。
テレビ専用の吸盤タイプもコーナンで見つけましたが2000円以上したので…。

テレビはうちはまあまあ大きいので、四隅に大きい青い耐震ジェルを付けました。
試しに揺らしてみましたが結構効いていました。
やはりやらないよりはマシな気がしました。

耐震器具、実はコスト面も気になっていたのですが、
そんなにびっくりする程ではないですね。

今回の分は合わせて4000円位でしょうか。

4000円で安心が買えるなら安いです。
テレビやオーディオ、ファックスや食器、冷蔵庫を買い換える事を考えたら、もっと安い。

まだまだ他にも沢山散らかった箇所や棚などがあります。
断捨離を兼ね、地震を想定してものの配置をこれからしたいです。



あと気がかりなのはのりちゃんです。
地震が来たら、どう守ってあげるか。

いつも色々考えていましたが今回思い切って新しいキャリーを2つ購入しました。

こちらは病院などのお出掛け用に。
右のベージュのが今回新調した分です。
黒いのが今までのもの。
元々小さくて入るとき頭を下げないといけなかったので買い換えてあげたかったのです。



お座りするとこんな感じです。

高さはクリアできました。

問題は避難するとき。
両手が空くので出来れば背負いたいのですが、
リュックタイプは売ってたのが小さくて、
なにかこれに取り付けられないかまたゆっくり考えたいです。

実際、避難所にはのりちゃんはつれていけないだろうけれど、出来ることを想定しておきたいです。

のりちゃんの避難にやはり車は必要だなあと改めて感じます。
いつかは購入しないと…。
家族の今後の事を考えると頑張って働かないとです。

後は要るかわからないですが一回り大きいキャリーも買いました。
もしものために大きめも欲しくて。
長い間狭い場所はのりちゃんに酷ですし、おトイレなども考えないと。
予備の砂や、ごはん類も買い置きしておきたいです。
お水も軟水しかだめなので、用意しておきました。

あれこれ考えて不安になるより、備えることで少しでも解放されますね。

まだまだもう少し詳しく調べて必要なものを揃えたいです。



あと、これも是非。
100均で買いました。
もし瓦礫に押し潰されたり閉じ込められたり、身動きが取れず
声も出せないときは、笛があれば安心。と池上さん。

そうですよね。
鍵などと一緒に常に身につけて置きたいものの一つです。
同じような100均グッズでミニライトも鍵と一緒につけています。
暗いところも少し明かりが有るだけで安心するものですからね。


少しずつ備えていきたいです。

何より、安心、安全です。


まずは自分から。そして人のために。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。